循環ポンプ用語解説

全水量

水槽、ろ過槽など水槽システム全体の水量のことです。

流量

ポンプから吐出する水の体積のことで、レイシーでは1分間に吐出する水の体積で表しています。

全揚程

ポンプの吸込み液面と吐出液面の高さの差と配管抵抗がプラスされた数値です。

上部ろ過では無視できますが、下部ろ過では全揚程の計算が必要です。

全揚程=A (吐出側高さ)+a (吐出側配管抵抗)±B (吸込側高さ)
     +b (吸込み側配管抵抗+ろ材の目詰まり抵抗)

※+:吸い上げの場合(ポンプが水面よりも高い)
 ー:押し込みの場合(ポンプが水面よりも低い)
 クーラーの配管抵抗は0.5~Max. 1mみれば十分です。

モータ入力

モータの消費電力のことです。

電気料金の求め方

消費電力30W、年間連続運転、電気料金を20円/1kWhとした場合

1年間のおおよその電気料金=20円×0.03kW×24時間×365日= 5256円

サーマルプロテクター

モータの過負荷などによる異常過熱時にOFF回路が働き、焼損などの事故を未然に防ぐ保護装置です。

水陸両用ポンプRSD、立て型ポンプP、小型マグネットポンプRMD・MD、エアーポンプAPNなどに標準装備されています。なおモータ温度が下がれば回路は自動的にONにもどりますが、再運転は原因を排除してから行ってください。

キャビテーション

ポンプ吸込側は低い圧力(真空)となるため、液体から気体に変化しやすく、ポンプ内でこの現象が発生することをキャビテーションといいます。吸込側のろ過槽の目詰まりや、バルブの閉塞(吸込を細くしたとき)などにより起こります。

キャビテーションの弊害と防止方法

振動や騒音を発生するとともに、吸込み不能やさらにはポンプ損傷をまねきます。

ろ材の目詰まりを防ぐとともに、バルブの開閉は吸込側でなく吐出側で行なってください。また、吸込配管は太く短くし、できるだけ押し込み配管(ポンプが水面よりも低い)にしてください。

呼び水

始動前にポンプと吸込み配管内を満水にすることです。

非自吸ポンプ(水陸両用ポンプRSD、マグネットポンプRMD・MD・MX・MDMなど)で、吸込み液面がポンプより低い場合は呼び水が必要です。

フート弁

吸込み管の底部に取付ける逆止弁です。フート弁を取付けることにより、非自吸ポンプでも一度呼び水すれば始動の都度呼び水せずに運転できます。ただし、長時間停止後の再始動時には、自吸して揚水したかよくご確認ください。

自吸ポンプ

自身の力によって呼び水作用を自動的に行ない、揚水を始めるポンプです。完全自吸タイプと最初だけ呼び水が必要なタイプ(自吸式マグネットポンプ SMXなど)があります。

性能曲線

ポンプの流量と揚程の関係を表したもので、これを性能曲線と呼びます。オーバーフロー水槽など、揚程のある場所で使用するポンプの選定に必要なグラフです。